バンコクのインスタ映えスポット  ワット パクナム[Wat Paknam Phasicharoen]

バンコクのインスタ映えスポット  ワット パクナム[Wat Paknam Phasicharoen]

スポンサーリンク
Advertisement

バンコクのフォトジェニックスポット ワット パクナム[Wat Paknam Phasicharoen]

インスタ映えする寺院として有名になった美しい天井絵画を持つ『ワット・パクナム』。ローカルな寺院でありながら、美しいエメラルドグリーンの仏塔、吸い込まれそうな天井画は思わず見とれてしまいます。最大の見所となるのは、緑色のガラスで造られた仏塔と仏塔頭上のドーム型の天井に描かれた仏伝図。他の寺院にはない神秘的な雰囲気を醸し出しています。

このお寺はアユタヤ王朝の時代、日本では室町幕府の時代に建立された歴史と由緒ある寺院で、19世紀に現王朝のラマ3世、4世、5世と3代の王が寺院の改築や周囲の運河と水門などの建設に携わって来ました。寺院の周囲には当時の運河が今も残されており、ワット=寺院、パーク=口、ナーム=河と名称にある通りの寺院です。

ワットパクナムへの行き方

BTSを利用すれば、個人で簡単に訪れることが出来ます。シーロムエリアからタクシーに乗ったとして200バーツ前後。タクシーの運転手さんには、

ワットパクナム(วัดปากน้ำ ภาษีเจริญ)

と伝えましょう。

BTSを利用する場合、最寄駅はウタカート(Wutthakat)駅、徒歩で15分~20分程度ですが、この駅からタクシーを利用するのも良いと思います。

 

観光カテゴリの最新記事